mccourse_button1
mccourse_button3
mccourse_button2
mccourse_button4
mccourse_title

医療コーディネーターとは、医療サービスを提供する側(医療者)と医療サービスを受ける側(患者さん、ご家族を含めたすべての医療消費者)の間に立って、治療法、医療サービス、医療システム、医療倫理など様々な面で「立場の違い」から出来る隙間を埋める新しい形態の21世紀型医療ソリューションを提供する人材です。

mccourse_title2
mccourse_subtitle1

病気にかかる」という体験はいつも突然です。それは、身体的な苦痛を伴うと同時に、それまで馴染みのない医療という新しい領域に踏み入るために、精神的にも辛い経験です。そのような時だからこそ、医療者側と患者側の間には「立場の違い」から生まれる隙間(GAP)が生じやすくなります。

その隙間を埋めるための架け橋となる存在、それが医療コーディネーター(MC)です。MCが架け橋となることで、患者はその隙間を乗り越え、納得して治療を選択、実施へと進んでいくことができるようになります。それでは、その隙間はなぜ病院の医療者では埋める事が難しいのでしょうか?MCが架け橋となる意味はどこにあるのでしょうか?私たちは、『MCだから出来ること』を紐解き、医療と患者との間にある隙間に光を当てていきたいと思います。

どうやれば患者は納得して、自分自身で治療を選択し、実施していくのか。患者の自己決定を支えるために必要な専門知識と経験はどう手にしていけば良いのか。私たちは医療コーディネーターという新しい役割作りに挑戦してまいります。

mccourse_subtitle2

医療コーディネーターの養成講座を開講し、これからの医療を担い手となる新しい医療人材の育成を行っております。また養成講座は聴講生も受け入れており、医療関係者だけでなく、関連分野や一般の方への教育活動も行っております。これまでに第1期~第10期までの養成講座を行ってまいりました。

mccourse_photo1-1

mccourse_photo1-2

熱気溢れる講習風景

講座の開講に関しては決定次第、「講座情報」のページにてお知らせいたします。

mccourse_title3

所定の条件を満たす者に対して「認定医療コーディネーター」の資格を認定しております。

【資格認定対象者】

医師、看護師等の国家資格所持者、介護支援専門員(ケアマネ)等の医療・福祉系資格所持者で、医療・福祉関係の仕事に現在従事されている者、もしくはかつて従事をしていた者。または当協会理事会が登録可能と認めた者。 ※当協会の認定医療コーディネーターとして登録をするには下記の資格認定要件を満たす必要があります。

【資格認定要件】

①協会所定の医療コーディネーション講座を修了した者又は理事会が認めた同等のカリュラムを修了した者。
②理事会にて登録を認めた者。
③登録料及び年会費を納入した者。

※登録料:11,000円 ※年会費:13,000円

mccourse_title4

医療コーディネーションは、相談から始まり、様々な支援の方法を組み合わせてクライアントの希望、期待に応えていく活動です。医療コーディネーション講座では、みなさまにそのスキルを身につけていただくため、最新の医療情報からコミュニケーションスキルまで、第一線で活躍する多彩な講師陣をそろえました。他では聞くことのできない大変に価値の高い内容、ここでの凝縮された学びはきっとあなたのスキルアップにつながります。

mccourse_title5

医療対話推進者は、患者・家族(=相談者)の声に耳を傾けることにより、相談者が自分自身の問題や感 情を整理し、自らが医療者との良好な関係を築くことで安心し納得した医療を受けられることをサポー トします。患者・家族の相談窓口として、中立の立場で医療者とのコミュニケーションの仲立ちをし、 相互の対話をサポートします。また院内の各部門および地域との連携・調整を図る場合には、患者・家 族と医療者間の相互理解を深め、安全な医療環境を築くための重要な役割を果たします。

mccourse_subtitle3

平成24年の診療報酬の改定により、相談窓口に対して、診療報酬が新設されました。 このことは、患者・家族に対する相談支援の重要性が評価され、患者目線の「やさしい医療」を提供しようという意思表示にほかなりません。 また、研修を受けた相談員が、患者・家族の相談支援を行うことにより、医療機関のサービス体制の改善も可能になります。

mccourse_subtitle4

多くの患者・家族にとって、医療機関にかかるということは非日常的な出来事であり、患者・家族は 様々な不安を抱えて受診することとなります。さらに患者・家族と医療者の間には、それぞれの立場の 違いから『隙間』(価値観の対立)が生じやすく、その中で患者・家族は戸惑い、苦悩を経験することに なります。しかし、現在の医療現場ではその患者・家族の戸惑いや苦悩に耳を傾ける環境が整っていな い現状があります。

mccourse_title6

所定の条件を満たす者に対して「医療対話推進者」の資格を認定しております。

【資格認定対象者】

・医療現場で相談実務を行っている方。
・相談支援に関心を持っている方。
※医療・福祉資格の有無は問いません。

【資格認定要件】

協会所定の医療対話推進者養成講座を修了された方。登録費、年会費は必要ありません。
養成講座を修了された方には修了証を差し上げます。